生理前のむくみを取る方法

生理前のむくみの原因・予防策

生理の前になるとホルモンのバランスが崩れて体のどこかが不調になったりメンタルにも悪い影響があったりしますね。

腹痛
腰痛
甘いモノばかりたべてしまう
いらいらする
鬱っぽくなる

など・・・・。そんな症状の中に一部の人が感じている生理前のむくみについて。何故むくむのでしょうか?生理の前は妊娠しやすい状態になっているため、プロゲステロンというホルモンが出るために水分の代謝に影響があるようです。

 

生理前にむくむ人とむくまない人とがいますが、やはりストレスがあったり疲れているところに生理前と重なったりするとむくむとようです。顔のむくみの場合は隠すことも出来ず気になりますよね。人から「どうしたの?」なんて気が付かれたら気持ちが落ちます。そこで出来る限りむくみまないでいるためのいくつかの方法をご紹介しましょう。

 

アルコールの摂取を控える

 

これはよく言われていますね。むくみとは代謝が悪くなっている状態です。アルコールを飲むと、それでなくても水分をためこみやすい状態に拍車を賭けてアルコールもとなってしまいます。ひどい場合は全身がむくんでしまうこともあるので気をつけましょう。

 

お腹周りをマッサージする

 

代謝が悪い=胃腸も弱っていると考えると、このマッサージは有効です。ついでに便秘も解消出来たり生理前にお腹が痛くなる人にも良い効果がありそうですね。

 

ホットタオルで温める

 

水分や塩分など気をつけていたのにむくんでしまったらホットタオルを作り、むくんだところに当てましょう。冷たいタオルも作ってサウナのように温→冷をくり返すと血行が良くなってむくみを解消することができます。

 

脚のむくみや手のむくみの場合は洗面器にお湯をはって浸かるだけでも十分に効果があるのでお試しを・・・。お好みでアロマを垂らしても良いですね。暖房器具で体の表面を温めても意味が無いのでご注意を。

 

甘いモノを控える

 

女性は皆甘いモノがお好きでしょうがこの時期はちょっとガマン。普段は問題ないのですが生理前は甘いモノを摂り過ぎると体内でエネルギーを作るときに水分も作ってしまいます。そう考えると、甘くてアルコールという点でカクテルや酎ハイは良くないと気がつくでしょう。

 

上記のことに気をつけると生理前でもむくみを予防したり解消したりできますので、是非やってみてください。

 

 

 

>>するるのおめぐ実 楽天・アマゾンより最安値は? TOP