むくみ お風呂

これで解決!むくみの取れるお風呂の入り方

むくみはできるだけ早く取り去って楽になりたいですよね。昼間は水分を調節するとか休憩中に軽くストレッチするとか、出来る限りのことをしているのでしょうが、夜は徹底的にむくみをとってぐっすり眠りたいものです。血流が悪いままでは体にも良いわけがありません。

 

むくみの取れるお風呂の入り方

バスタイムを有効に活用しませんか?お風呂は面倒くさいからシャワーだけという方も是非読んでいただきたいのですが、バスタブを是非利用して欲しいのです

 

やはりむくみと冷えの関係は以前から指摘されていますし、入浴することで全身の血液がめぐるので非常に新陳代謝、リラックス効果が高いのです。その時に気をつけるべきことをお教えしましょう!

 

お湯の温度

 

熱めのお湯が好き!という方はご注意を。ぬるめのお湯が最適ですので38〜40度前後の少しぬるいかな?と感じる位のお湯をはりましょう。お好みで入浴剤や塩、柑橘類の皮などを入れても良いでしょう。

 

お湯の量

 

できれば胸から上はお湯から出る姿勢の半身浴でどうぞ。心臓に負担がかからずに長い時間使っていることが出来ます。お湯の温度が低いのでこうしてじっくりあたたまることが大事です。

 

肩が冷えるのではないか?という方は

入浴前に浴室内をよく温めて下さい。そしてホットタオルやバスタオルを肩にかけるとずいぶん違いますよ。こうすると早く汗がじんわり出てきます。そして汗をかいたらいちどバスタブから出て冷たい水のシャワーを脚にかける。そしてまた半身浴を…それを何セットか繰り返すのです

 

サウナと同じ効果が得られて脚のむくみはもちろん

 

全身のむくみに効果があります。むくみに良いことは肩こりや腰痛などにも良いですし、ひいてはダイエットにもつながります。

 

汗をしっかりかくことで美肌効果も得られますので、この入浴方法は本当にオススメです。心臓に何らかの疾患が有る方は危険ですのでこの方法は避けるかお医者様と相談してからにしてくださいね。

あとはバスタブの中で暇なので…

お風呂でマッサージ

マッサージをするのももちろん効果的。なるべく血流を良くするために下から上に向かって優しくマッサージ。気持ち良いと感じるくらいの強さでやって、はり切りすぎには注意してくださいね(笑)。

 

 

>>するるのおめぐ実 楽天・アマゾンより最安値は? TOP